CL3連覇から一転して、昨季は絶不調に陥ったレアル・マドリー。

復活を期すシーズンになるが、CL初戦に敗れたことでジネディーヌ・ジダン監督に解任説が浮上している。

そうした中、元バルセロナのチャビ・エルナンデスの発言が話題に。『Marca』のインタビューで、レアルの危機という議題についてこう述べたのだ。

チャビ・エルナンデス

「いや、全く違う。

何度もあった、マドリーには千の命がある。

昨シーズンに起きたことは幻影だ。

レアル・マドリーはふたたび全てを勝ち取るために戦うよ、間違いない」

崩壊の危機ではないとしつつ、ここから絶対に立ち直ってくると述べていたようだ。