この夏、噂が絶えなかったネイマールのバルセロナ復帰。だが、それは実現することなく、彼はPSGに残留することになった。

そうしたなか、リオネル・メッシがこの件に言及したようだ。『RAC1』によれば、こう述べたという。

リオネル・メッシ

「正直、今回の移籍市場で彼がここに来ないのならば、(レアル・)マドリーに行くだろうと思っていた。

彼は退団と変化を本当に心待ちにしていたと思うからね。

フロレンティーノとマドリーは彼を連れて行くために何かやるだろうと思っていたよ」

退団を希望していたネイマールがバルサに復帰しないなら、レアルに移籍すると考えていたそう。

そして、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長が動くだろうとも思っていたようだ。