ユヴェントスの守護神としてプレーするポーランド代表GKヴォイツェフ・シュチェスニ。彼の発言が話題になっている。

『calciomercato』によれば、出演した『Juventus TV』上でこう述べていたという。

ヴォイツェフ・シュチェスニ(ユヴェントスGK)

「(ー新聞について)

ああいうのは大嫌いだね。

イタリアに来て大きく変わった。言葉を知らなかったし、自分について言われていることも分からなかったからね。

それ以降、そういうものを読まないことを続けてきたよ。

選手レーティング(採点)について?

あれは笑えるね。どうプレーしたか知っているのは選手だけだからさ。

ある新聞は『イグアイン:5.5点』、別の新聞は『イグアイン:7.5』にするだろうね」

プレーの評価は選手自身にしかできないとして、メディアによる採点を一笑していたとか。