先週末ウェストハム・ユナイテッドとの試合を3-1と勝利したアーセナル。

先に失点を喫したものの、ガブリエウ・マルチネッリ、ペペ、そしてオーバメヤングのゴールで逆転!エキサイティングな試合の模様がこれだ。

しかしその勝利の代償か、3名が負傷してしまうという難しい事態にもなってしまった。

DFキーラン・ティアニーは右肩の脱臼が確認されており、『Daily Mail』によれば3月まで起用できない可能性が高いとのこと。

エクトル・ベジェリンはハムストリングの張りによってプレーできなくなっており、12日のELスタンダール戦を欠場。シティ戦に間に合うかは不透明だ。

グラニット・ジャカは脳震盪によって経過が観察されており、スタンダール戦とシティ戦はルール上起用できない。

またニコラ・ペペは膝の軽度な怪我があるためスタンダール戦を回避しており、週末の出場は微妙な状態。

さらにダニ・セバージョスはハムストリング、ロブ・ホールディングは膝の不調で2週間が必要となっている。

暫定監督就任から3試合目で初勝利をあげたユングベリ氏であるが、いきなりセレクションが難しい状況に直面しているようだ。