リーグ戦3試合連続ドローとなったレアル・マドリーはリーガ2位で今年の戦いを終えた。

そうした中、『Marca』はある選手の状況に注目している。昨季リヨンから買い戻されたFWのマリアーノ・ディアスだ。

昨季はクリスティアーノ・ロナウドの7番を背負うとこんなスーパーゴールも決めたストライカーである(以下動画1分15秒~)。

これは文句なしのスーパー弾!本人も自分史上最高のゴールと自賛していたほど。

そんなマリアーノは7番をエデン・アザールに譲り、背番号を24番に変更。ただ、今季はまだ1分たりともプレーしていない。

『Marca』では、近年のレアル史上において、重傷を負った場合を除き前半戦終了戦時点でプレー時間がゼロなトップチーム選手は唯一無二に違いないとしている。

今季のマリアーノはベンチ入りさえもわずか1試合。アザールが子供誕生のために離脱したマジョルカ戦でメンバー入りするも、プレータイムは与えられず。

ジダン監督は前線に怪我人が相次いだ状況でもマリアーノを干し続けおり、選手のなかにもその決断を理解できない者たちがいるという。

マリアーノはレアルが容認できるような移籍オファーがなかったことで残留したというが、冬の去就が注目される。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】