2015年からリヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督。サッカー界屈指の熱さを持つ指揮官は選手をビンタするシーンが話題になったこともある。

その一方でハグも大好き。リヴァプールがこんなハグまとめ動画を作ってしまうほど。

南野とのハグにも期待! 

そのクロップの教え子のひとりであるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがかつての指揮官について語った。

『Prawda Futbolu』のインタビューで「人として自分を本当に鼓舞してくれた人に出会った。多くを教えてくれ、自分のためにサッカーの世界を開いてくれた人に。ああいう監督のためなら火のなかにも飛び込んでいける」と話していたそう。

また、クロップにはカリスマ性があり、冗談だけでなく厳しい言葉を浴びせることもあるとも述べていたとか。