先週末のノリッジ戦では4-0と快勝したマンチェスター・ユナイテッド。

ラッシュフォードが2ゴールの活躍を見せ、さらにこんな突破も!

ただ、クラブは現在ハードスケジュールの真っ只中で、今月はまだ4試合を戦わなければならない。

15日にウォルヴァーハンプトン戦、19日にリヴァプール戦、22日にバーンリー戦、そして29日にマンチェスター・シティ戦が予定されている。

さらに2月1日にはまたウォルヴァーハンプトン戦に臨むことになるが、その後は17日まで試合がない。

そのためユナイテッドはこの間にトレーニングキャンプを行う予定になっていたのだが、『BBC』などによればこれが突如中止になったようだ。

理由は中東地域の政情不安。

合宿地はカタールの首都ドーハが予定されていたが、イランとアメリカの関係が悪化したことにより安全面が懸念されたという。

代わりに、選手たちには短い休暇を与える他、欧州のどこかで数日間のキャンプをすることになるとのこと。

チャンピオンズリーグ出場権を獲得できるプレミアリーグ4位まで勝点5と迫っているユナイテッド。この数週間での結果が非常に重要なものになりそうだが、キャンプ中止がどんな影響を及ぼすか…。