22日に行われたバーンリーとのホームゲームでなんと0-2と敗北してしまったマンチェスター・ユナイテッド。

長身FWクリス・ウッドにこの先制点を決められて…ペースを完全に奪われてしまった。

ブランドン・ウィリアムズやダニエル・ジェームズ、アーロン・ワンビサカ、メイソン・グリーンウッドら若い選手が出場したものの、信じられない結果に終わっている。

『Mirror』によれば、解説を務めていたダレン・フレッチャー氏は以下のように話し、オールド・トラッフォードの雰囲気が非常にプレーしにくいと語ったそう。

ダレン・フレッチャー

「スタジアムの現場は良くなかったよ。応援も雰囲気も、すぐに毒々しいものになっていった。あっという間にあの若手選手が落ち込んでいくのを見られたはずだよ。

あの子どもたちはここでの精査やプレッシャーに伸し掛かられている。

私にとっても難しかった。あのチームに入るのはね。左を見ても、右を見ても、中央を見ても、ワールドクラスの選手ばかりに囲まれていた。

このような若手選手は、周りにサポートしてくれるネットワークを持っていないので、本当に難しさを感じている」

フレッチャー本人もマンチェスター・ユナイテッドの生え抜き選手としてプレーしたものの、病気に苦しめられるなど難しいキャリアも過ごすことになった。だからこそ若手をちゃんとサポートしてほしいと思っているようだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】