現在PSGに所属しているフランス代表FWキリアン・エムバペ。契約は2022年6月30日まで残っている。

圧倒的なスピードと技術はますます切れを増しており、先日のナント戦でも元京都サンガFCのアンドレイをぶち抜いた。

同時スタートでこんなに差が…。

そんなスターの彼にはレアル・マドリーやリヴァプールなどが関心を持っていると言われている。

しかし『AS』によればPSGはどうあってもエムバペを放出するつもりはなく、彼に凄まじい新契約を提示する予定だそう。

その給与額は手取りで年間5000万ユーロ(およそ59.5億円)。日本円にすれば60億円にもなるというとんでもないものだ。

現在エムバペは年1500万ユーロ(およそ17.8億円)の給与を受け取っている。5000万ユーロになれば、メッシに次ぐ世界2位の高給取りとなるが…。