スコットランドの女子リーグで撮影された映像が大きな話題になっているようだ。

2月16日に行われたインヴァネス女子対セント・ミレン女子の試合において、このような場面があったという。

サイドライン付近で接触して転倒したセント・ミレン女子の主将ジェーン・オトゥール。その時、彼女の右膝が脱臼してしまう…。

ところが次の瞬間、オトゥールは脱臼した右膝をゲンコツで殴り始めた!

痛々しい場面だが、なんと膝の関節は確かに入っている…。

しかも痛みに悶えていたオトゥールは、なんとこのあとしばらくして立ち上がり、そのまま試合終了までプレーし続けたという。

このキャプテンの意地を見て、対戦相手だったセント・ミレンがこの動画を公式Youtubeに投稿。

SNSでも「脱臼後もプレーを続けたジェーン・オトゥールへ大きな敬意を示したい。彼女は膝を叩いて元に戻し、ピッチでチームを最後まで指揮した」と賞賛のコメントを発表している。