この冬にドルトムントに移籍すると、すさまじいゴールラッシュを見せているノルウェー代表FWアーリン・ホーラン。

19歳の怪物ストライカーがCLでやったこの一撃は世界を震撼させた。

”音”がハンパない…。

そのホーランは『FourFourTwo』でこんな話をしていたそう。

アーリン・ホーラン(ドルトムントFW)

「彼のメンタリティと様々なものの見方が好きなんだ。

僕は常に自信を持っていたと思う。それこそが自分なんだ。

彼の移籍の仕方も好きだね。他の国(への移籍)は簡単ではない。

でも、彼は移籍してくると、必ずすぐにゴールを決める。それを見るのが好きだった。

僕らはストライカーだし、ともに背が高い。でも、僕らのゲームは違う。比べるのは難しい。僕は僕だ」

彼というのは、ズラタン・イブラヒモヴィッチのこと。2人ともに190cmを超える大型ストライカーだ。

体格が似ているイブラが好きだったというホーランだが、プレースタイルは違うと自覚しているとか。