DAZNで現在配信されているプレミアリーグの「Classic Matches」。

シーズンごとの名勝負が1日おきに配信されており、24日には1995-96シーズンを代表する2試合が公開された。

ともにこのシーズン優勝したマンチェスター・ユナイテッドの試合。1995年9月のエヴァートン戦は、若きデイヴィッド・ベッカムが2アシストを記録し打ち合いを制した一戦だ。

そしてもう一つは、1996年3月のニューカッスル戦。このシーズン優勝争いを繰り広げた両チームだけに、メンバーもかなり豪華となっている。

■ニューカッスル・ユナイテッド

1.パヴェル・スルニチェク
2.ウォーレン・バートン
6.スティーヴ・ハウィ
27.フィリップ・アルベール
3.ジョン・ベレスフォード
8.ピーター・ベアズリー(C)
7.ロバート・リー
22.デイヴィッド・バッティ
14.ダヴィド・ジノラ
11.ファウスティーノ・アスプリージャ
9.レズ・ファーディナンド

■マンチェスター・ユナイテッド

1.ペーター・シュマイケル
3.デニス・アーウィン
4.スティーヴ・ブルース(C)
20.ギャリー・ネヴィル
23.フィル・ネヴィル
5.リー・シャープ
16.ロイ・キーン
19.ニッキー・バット
11.ライアン・ギグス
7.エリック・カントナ
17.アンディ・コール

注目は、両チームのエースと言えるダヴィド・ジノラとエリック・カントナ。

2人ともエメ・ジャケ監督の構想から外れ、この時期すでにフランス代表には呼ばれていなかったが(カントナは前年1月の「カンフーキック事件」の影響もあり…)、年齢はいずれも29歳と絶頂期。

試合ではフランスのテクニシャンらしい、優雅なボールタッチを魅せつける場面が何度もあった。

ニューカッスル対マンチェスター・ユナイテッド

他にも、アスプリージャの突破やベアズリーのパス、シュマイケルのセーブにシャープの左足、さらにはCBなネヴィル兄に髪の長いロイ・キーンと、見どころいっぱい!

熱狂渦巻くセント・ジェームズ・パークでの激闘を、“サッカーロス”な今こそいかが?