今冬のマーケットでスポルティング・リスボンからマンチェスター・ユナイテッドに加入し、またたく間にチームの中心となった司令塔ブルーノ・フェルナンデス。いきなり2月には月間最優秀選手に輝き、このような動画もまとめられていた。

この強烈なミドル…得点力も素晴らしいものがある。

彼は今回マンチェスター・ユナイテッド公式サイトのインタビューに応え、好きだった選手は「アンドレス・イニエスタだ」と話したそう。

ブルーノ・フェルナンデス

「見るのが好きだった、追いかけていた選手の一人がイニエスタだよ。彼は8番と10番のミックスだよね。

それは、僕が上手くやれるやり方でもあるんだ。8番と10番の間だ。

常にボールを持つことを好む選手で、リスクを犯していく。イニエスタは世界屈指の選手だったと思うよ。

自分にとって、イニエスタがバロンドールなしにキャリアを終えるのは印象的だよ。あらゆるものを勝ち取った選手だ。正直理解しにくいよ!

他にも好きな選手はたくさんいるよ。小さな頃はロナウジーニョだった。多くの人と同じようにね。

彼は、みんなをテレビの前に座らせる力を持った選手だったね。何時間もだ!彼にはそんなエネルギーと幸せがあった。自分のやることすべてに満足していた。

そのようなプレーを見れば誰もが楽しめるし、最初の数年は彼こそが自分の愛する選手だったよ」

【関連記事】出世番号!バルセロナで「背番号24」をつけた5名のスター選手

イニエスタのプレーが非常に好きで、自分も同じようなスタイルになった…とのこと。