リヴァプールの左サイドバックとして大活躍しているアンディ・ロバートソン。右のトレント・アレクサンダー=アーノルドとともに正確なクロスを前線に供給し続けており、クラブからは両名の昨季のアシストをまとめられた動画が公開されたことも。

ボールの鋭さがあるアレクサンダー=アーノルド、そして正確で気が利いているロバートソン。

今季も7アシストを記録したロバートソンは、なぜそんなにいいクロスを上げられるのか。ハル・シティ時代に同僚だったジェイク・リヴァモアは『The SUN』に対して以下のように話したそう。

ジェイク・リヴァモア

「覚えているのは、ロバートソンの足を見た時のことだね。言ったんだよ。『おい、これなにがあったんだ?』と。彼のつま先が変な方に向いていたんだよ。

それを他の選手に馴染ませるための冗談として使うようになったんだけども、彼がちょっとクロスを上げ始めたら…もうね。

『なんだい、そのボールは変な方を向いている怪しげなつま先から出てるのか?』

毎日のようにそれを見ていたよ。その少し『汚らしい足』は信じられないものだったね。

ハル・シティにとってはすごい掘り出し物だったよ。彼が肉体的に成長し、経験を積んだら、本当に見事な選手になった」

【関連記事】今、「世界で最も優れている左サイドバック」TOP10

細かくは語られていないが、ロバートソンの足先はかなり奇妙な形をしているとのこと。