新型コロナウイルスの影響で中断されていたリーグ戦を再開させたポルトガル。

ポルティモネンセのGK権田修一はジル・ビセンテ戦に先発出場し、1-0の勝利に貢献した。シュート性の高速クロスに反応したセーブシーンがこれだ。

サイドから嫌なボールが入ってきたが、鋭く反応!こぼれを拾われたが、そこは味方がブロックしてくれた。

【関連記事】今世界で最も優れたGKとは誰だ?10名を「格付け」

いまだ降格圏にあるポルティモネンセだが、昨年12月以降初めてとなる勝点3をゲット。パウロ・セルジオ監督も「選手たちの素晴らしい貢献を祝福したい。チームはよく連携していたし、いい姿勢だった。これは我々が求めている一歩だ。勝利は自信をくれる」と述べていた。

なお、安西幸輝はベンチ入りしたものの出場はなし。時絶は首位ベンフィカとの大一番となるだけに、2人の活躍に期待したい。