弱冠17歳でスウェーデン代表史上最年少得点を記録したアレクサンデル・イサク。

20歳になったNEXTイブラヒモヴィッチがまた凄いゴールを決めたぞ。ラ・リーガ第34節レバンテ対ソシエダ戦で突き刺した仰天シュートがこれだ(以下動画7秒~)。

この投稿をInstagramで見る
@alex_isak 🤤 #LaLigaEleven
Eleven Sports Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿 -

これはイブラヒモヴィッチもびっくりのスーペルゴラッソ!というか、デカいのに柔らかい身のこなしはイブラそっくりだ。

【関連記事】『NEXTロナウド』だったのに大成できなかった9人の逸材

試合は1-1の引き分けで終了している。久保建英が来季加入する可能性があるソシエダは現在7位。イマノル・アルグアシル監督は言い訳を探すわけではないとしつつ、ハードな日程に言及していたそう。