今季からユヴェントスを率いているマウリツィオ・サッリ監督。ゴンサロ・イグアインはナポリ、チェルシー時代からの教え子にあたる。

『La Repubblica』によれば、指揮官はイグアインについてこんな話をしていたそう。

マウリツィオ・サッリ(ユヴェントス監督)

「彼はメンタル的には元気だ。フィジカル的にどれほどやれるのかは分からない。

ここ数日はより継続的に練習ができている。メンタル的にはよくなっているようだ」

「(彼との関係は?)

シーズン中、私が選手全員と衝突したという記事を読んだ。実際に口論になったのはイグアインだけだ。

彼は自分のベストを引き出すためにアグレッシブな対立関係を必要としているからかもしれないね」

実際に衝突したのはイグアインだけと明かしつつ、それは彼にとっていいことと述べていたそう。

チェルシー時代以降、何度かキレてきたイグアイン。ユーヴェでもこんな乱行をやっている。

スタッフを削って、大暴れ!

【関連記事】チェルシーで失敗した「9番」ワースト5

サッリ監督はイグアインの性格を熟知しているようだが…。