プレミアリーグ第33節、トッテナムはホームでのエヴァートン戦に1-0で勝利した。

ただ、前半終了直後にはソン・フンミンとウーゴ・ロリスが味方同士でやり合うバトルが勃発。ショッキングだったそのシーンがこれ。

ロリスが詰め寄ると、ソンも応戦!2人が掴み合いになるのを味方選手がどうにかいさめていた。

【関連記事】「有名サッカー選手がチームメイトとガチ喧嘩になった5つの事件」

ソンのプレーから失点になりかけた場面に対してロリスは怒っていたのでは?とも伝えられている。

ただ、キャプテンであるロリスは(カメラに映らない)ロッカールームに戻るまで待つべきだったという声も多い。