セリエA9連覇を目指すユヴェントス。セリエA32節ではリーグ最強得点力を誇るアタランタと激突した(31試合時点でアタランタは85得点、ユーヴェは65得点)。

白熱の一戦は2-2の痛み分けで終了。ユーヴェのゴールはいずれもクリスティアーノ・ロナウドのPKだった。その2つのPKシーンを見てみよう(以下動画1分45秒~)。

1本目は鬼のような弾丸シュートを左に突き刺す!2本目(動画3分30秒~)はより低い弾道の強烈シュートを左下に叩き込んだ。いずれもGKが獲れないようなコースに沈める圧巻シュートだった。

【関連記事】「なぜかPKの成功率が低い」7名のスーパーストライカーたち

これでロナウドは今季リーグ戦でのPKによる得点が9に(ラツィオFWチーロ・インモービレはPKだけで11得点)。マウリツィオ・サッリ監督は「彼は足だけでなく頭もチャンピオンだ。信じられない方法でプレッシャーに対処できる」と讃えていた。