ウクライナサッカー連盟は26日、「代表チームのドクターを務めていたアントン・フダエフ氏が新型コロナウイルスにより死去した」と発表した。

フダエフ氏は今年48歳になる医師で、20年以上メタリスト・ハルキフでもチームのドクターとして活躍していたという。

国内一と言われた手腕を買われて2016年からウクライナ代表のドクターを務めることになり、EURO2020に向けての準備を進めている状況だった。

ウクライナ代表はこの新型コロナウイルスによる中断期間に「EUROへのルート」という動画プロジェクトを行なっていたが…

その中でドクターが死去するという悲しい事件に見舞われることになった。

フダエフ氏の肺の70%が新型コロナウイルスによって影響を受け、人工呼吸器をつけなければならない状況になっていたとのこと。

【関連記事】チャビがコロナ感染のアル・サッド、選手が「白衣」でピッチに登場

ウクライナでは新型コロナウイルスの感染者が6万5000人に達しており、およそ1600人が死去しているという。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら