マンチェスター・シティからの退団が決まっている元スペイン代表MFダビド・シルバ。残された戦いはUEFAチャンピオンズリーグのみだ。

その去就が注目されるなか、『AS』が最新情報を伝えている。それによれば、ラツィオがシルバ獲得に向けた交渉をスタートさせたという。

ラツィオはすでに来季のCL出場権を確保しており、シモーネ・インザーギ監督がシルバの獲得を熱望しているとのこと。

34歳になったシルバだが、その左足はいまだ健在。今季もプレミアリーグでこんなスーパーゴールを決めている。

これはGKもノーチャンス!

【関連記事】「プレミアリーグ、この夏に0円流出する大物選手TOP10」

セリエA移籍に向け、シルバ側とラツィオ側の両方に合意への意思があるという。UAEのアル・アハリとアル・ナスルもオファーを送っているというが…。