今月の代表戦でルカ・モドリッチとイヴァン・ラキティッチを招集免除にしたクロアチア代表。

UEFAネーションズリーグのポルトガル、フランス戦にそれぞれ4失点して連敗してしまった。

フランス戦ではGKのオウンゴールもあったが、DFデヤン・ロヴレンがドヤ顔で得点を奪うシーンも。相手を翻弄した圧巻シュートがこれ!

こりゃすげぇ…!巧みなシュートフェイントで相手をはがすと、角度のないところから左足の高速シュートをぶち込んでみせた。

見事な浮き球のコントロール、完璧なフィニッシュはまるで一流ストライカーのようだ。してやられたGKウーゴ・ロリスは悔しさを露わにしていた。

【関連記事】DFなのに背番号「11」を着用した11名のサッカー選手

クロアチアはこの一発で先制したものの、結局逆転負け。ズラトコ・ダリッチ監督は「(同点にされるまでの)43分間は素晴らしかった。1-0のリードをさらに広げるチャンスもあった。だが、2分間のブラックアウトがあり、試合は間違った方向に進んでしまった」と嘆いていた。