英リーグカップでトッテナムとチェルシーが対決した。

ジョゼ・モウリーニョ監督対フランク・ランパード監督の師弟対決となった一戦では2人がピッチサイドでやり合う場面も。そのシーンがこちら。

第4審判を挟んで口喧嘩が勃発!

【関連記事】「モウリーニョと喧嘩別れした7人のスター選手」

ただ、ランパード監督は「我々は楽しんでいた、ジョゼとは仲良しさ。(あのシーンで)自分は彼が選手たちよりも審判に話すことのほうが多いと言ったんだ。ジョゼには多大な敬意を払っているよ。最後は何も問題はなかった。(関係性は?)決して変わらないよ」と試合後に述べていたそう。

なお、試合はPK戦の末にトッテナムが勝利している。