かつてアーセナルで期待される存在だったにニクラス・ベントナー。

32歳になった彼は今年1月にコペンハーゲンを退団して以降、パートナーとリアリティ番組に出演するなどプレーから遠ざかっている。

そのベントナーが『Guardian』のインタビューで「プロ選手として、人としての道を見失ったわけ」などについて語った。

コペンハーゲン近郊のアマー島で育った生い立ちや古巣アーセナルなどについてはこう述べている。

ニクラス・ベントナー

「アマー島は労働者階級向けなので、コペンハーゲンの人達からは常に見下されてきた。

下水道システムのせいで糞の島と呼ばれている(1970年代まではトイレの廃棄物を捨てるために使われていたため)。

かなり厳しい地域だけど、アマー島の人達はお互いに助け合っている」

「(新型コロナのパンデミックが発生した時、中国からのオファーを受け入れる寸前だった)。

息子が生まれたことや彼と一緒に時間を過ごすことを除けば、サッカーをプレーすること以上に喜びを得られるものはない。

コロナによって今はそれが難しい。

選手として何があったら(オファーがあったら?)、それを見定める。もしなければ、次のチャプターへの準備をする。

(監督になるのが)今の野望だ。12月からマネージメント講座を始める。

まずは試験を受けなくてはいけないが、幸運にもサッカー界には経験を貰えるいい友人たちが大勢いる」

「見ることができるアーセナルの試合は全て見ている。まだアーセナルをチェックしているよ」

そのベントナーがアンドレイ・アルシャヴィンとのコンビでゴールを奪ったシーンがこれ(以下動画10秒~)。

このコンビは懐かしい…。

【関連記事】サッカーゲームでは最強だったのに消えてしまった10人の天才

また、ベントナーは選手時代にともにプレーした経験があるアーセナルのミケル・アルテタ監督についてもコメント。

同僚として嫌な気持ちにさせられたことは一度もなく、「コミットメント、決断力、リーダーシップには何の疑いもない。(当時から監督への道を)歩んでおり、アドバイスを求められる人間だった」と絶賛している。