今年1月にトッテナムからインテルに移籍したデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン。

今季は開幕戦に先発したものの、第2戦は9分間の出場、第3節はベンチで90分間を過ごした。『Sky』によれば、現状への不満を吐露したという。

クリスティアン・エリクセン(インテルMF)

「ずっとベンチに座っているつもりはない。これがアントニオ・コンテ監督の意思ではないことを願う。

今後は短期間で多くの試合がある。(代表から)クラブに戻れば、チャンピオンズリーグも始まる。それによって、自分への余地ができるはずだ。

(試合が増えることで)より多くの選手に貢献を求めることになるはずで、僕は自分の役割を果たすことを待っている。

クラブでこれまで経験したことがないところにいる。イタリアで素晴らしいスタートを切ったが、パンデミックが起きてしまった。

経験が増すと忍耐力が減るものだ。ベンチに座りたい選手なんて誰もいない」

そのエリクセンがミランとのデルビーでやった伝説未遂フリーキックがこれ!(以下動画2分46秒~)

あと数センチで伝説だったが…。

【関連記事】「出場機会が激減している世界的スター」ベスト11

ただ、エリクセンは「(他クラブからの)オファーはない。具体的なものがあれば、代理人から伝えられているだろう」とも述べたという。

インテルはインターナショナルマッチウィーク明けにミランとのデルビーを戦う。エリクセンに出番はあるだろうか。