レアル・マドリーへの移籍が噂され続けてきたフランス代表MFポール・ポグバ。

ジネディーヌ・ジダン監督とも相思相愛とされている彼は「レアルでプレーすることは全選手の夢。いつかあそこでプレーするのが夢であることを否定しない」などとラブコールを送った。

だが、『AS』によれば、レアルはポグバからのメッセージに応答せず、いまや彼の獲得は完全に除外されたという。

2016年、2019年、2020年と3度に渡って接近したポグバのレアル移籍。ただ、現在のレアルはキリアン・エムバペの獲得にプライオリティを置いている。また、ポグバよりもレンヌMFエドゥアルド・カマヴィンガを優先する構えだそう。

17歳でフランス代表デビューしたカマヴィンガの超プレーがこれだ。

この左足のタッチは魅力…!

【関連記事】レアル・マドリーがガチで狙って「逃した」9名のスター、そしてその代役

ポグバは2021年でマンチェスター・ユナイテッドとの契約が満了(1年の延長オプションあり)になるが、レアル的には給与があまりに高額すぎるとのこと。

レアルはエムバペとカマヴィンガに加えてアーリン・ホーランの獲得も狙っている。コロナ危機による経済的打撃もあり、ポグバの獲得はいまやインポッシブルになったという。