昨季のUEFAチャンピオンズリーグで優勝を遂げたバイエルン・ミュンヘン。

圧倒的な強さを見せたチームのなかで、19歳のアルフォンソ・デイヴィスも素晴らしいパフォーマンスを披露した。ただ、今季はあまり輝きを見せられていない。

『Bild』によれば、ハンジ・フリック監督も調子を落ち込んでいることを認めたという。

ハンジ・フリック(バイエルン監督)

「アルフォンソはちょっと落ち込んでいるかもしれない。

ただ、彼は我々全員のサポートを受けているよ。

ものすごいシーズンを送った後に問題が起きるのは普通のことだ。

大事なのは彼が元通りになること。

彼は重要な選手だ、ダイナミズムとスピードがあるからね」

昨季はブンデスリーガ史上最速スピードも叩き出したアルフォンソ・デイヴィス。

フラクフルト相手にもこんな高速クロスを放っている(以下動画1分52秒~)。

完全な決定機だったのだが…。

今季は公式戦6試合でまだ1アシストに留まっている。