マンチェスター・シティは元アカデミー選手のジェレミー・ウィステンが亡くなったと訃報を伝えた。

また、「遺族と友人たちに心からお悔やみを申し上げる。我々は困難な時にあるあなたたちと共にある」とのメッセージも出している。

そうしたなか、『Mirror』では「ウィステンの悲劇的な死を受け、シティ選手たちは哀悼の意を表した」と伝えた。

マラウィ生まれのウィステンはセンターバックとしてプレーしており、ヴァンサン・コンパニに憧れていたそう。

18歳のシティMFコール・パーマーは友人の死を悼むメッセージをSNS上にポストしている。

また、19歳のシティMFトミー・ドイルも「とても悲しい。安らかに眠ってくれ、兄弟」とのメッセージを出した。

【関連記事】「10代で衝撃デビューした逸材10人と彼らのその後」

死因については明らかにされていないが、自殺の可能性があるとされている。