かつてアヤックスやチェルシーのユースに所属していた元逸材選手が32歳で亡くなった。急死したのは、ペア・ヴァイーラウフさん。

『voetbalzone』によれば、彼はデンマークで世代随一の才能として評価されていたものの、怪我のために19歳で引退を余儀なくされたそう。

今月初旬に自宅アパートで死んでいるのを発見されたが、死因については不明だという。

彼の兄弟は「ペアの死は突然だった。彼についてはいいことしか言えない。葬儀に大勢の人が参列したことからも明らかなように、彼はとても愛されていた」と話している。

才能を高く評価されていた彼はトッテナムやアーセナルからもオファーがあったが、アヤックスを選択。だが、怪我のために苦しみ、2006年にはチェルシーに移ったものの、若くして引退を強いられた。

【関連記事】チェルシーにいたことが「忘れられている」9名の有名選手

引退後のヴァイーラウフさんはアヤックスのレジェンドであるセーレン・レルビー氏のもとで働いてたそう。元デンマーク代表のレルビー氏はアヤックスやバイエルンで活躍した人物で、現在はヴィクトル・フィッシャーらを顧客に持つエージェント会社のオーナーを務めている。

セーレン・レルビー

「こんなに若い年齢でひどい話だ。

彼とは定期的に話していた。その死は本当に突然だった。悲しい。

彼は若くして健康を失った。

子供の頃にアヤックスとチェルシーでプレーして夢を見ていたが、体が対処できなかった。

手術を受けたが、よくなることはなかった」

「ペアとは素晴らしい関係にあった。引退後、我々のもとで長い間働いた。凄くいい子だった」

レルビー氏によれば、ヴァイーラウフさんは数年前に退職した後はノルデア銀行で働いていたそう。