リーグ戦ではベンチスタートが続いているビジャレアルの久保建英。

ただ、先日のエルチェ戦では45分間と今季2番目に長いプレータイムを得た。

『Marca』や『AS』によれば、ウナイ・エメリ監督はベティス戦に向けた会見でこう述べたという。

ウナイ・エメリ(ビジャレアル監督)

「(攻撃のオプションについて)

パコ・アルカセルとカルロス・バッカが怪我をした後、フェル・ニーニョはオプションになった。

ジェラール(・モレノ)をキープして、ニーニョを入れることができる。我々はサイドなどのオプションとして久保に賭けている。

どうなるかは見てみようじゃないか。だが、私は後半のチームのほうが好きだ。

久保はエルチェ戦で居場所を見つけたし、よかった」

【写真】久保も…「日本代表、2020年に期待を裏切った選手たち」

20歳の大型FWフェルナンド・ニーニョとともに言及された久保。エメリ監督は、エルチェ戦は久保を投入した試合後半のほうがよかったと考えているようだ。