世界的流行が続いている新型コロナウイルス。

RBライプツィヒの韓国代表FWファン・ヒチャンも11月に感染した。彼は12月に練習に復帰したが、影響を考慮して今年は試合出場しない見込み。

『Sportbild』によれば、ユリアン・ナゲルスマン監督はこう述べたという。

ユリアン・ナゲルスマン(RBライプツィヒ監督)

「ファンにはウイルス感染のような重い症状があった。

最初の7日間はほとんど死んでいたと言っていたよ。よくなかった」

「(復帰には)留意する必要がある。心臓に危険を及ぼす可能性もある」

今季ブンデスリーガにやってきたファンだが、ここまで5試合でゴールはなし(ポカールで初ゴールをマーク)。

【写真】韓国で話題の「天使系イケメンサッカー選手」の尊顔

ライプツィヒは年内に残り5試合がある。