バルセロナを追われるようにして、アトレティコ・マドリーへ移籍したルイス・スアレス。

新型コロナウイルスによる欠場があったものの、新天地でもゴールラッシュを見せている。

34歳の誕生日でもあったラ・リーガ第20節バレンシア戦でも逆転ゴールを決めて、3-1の勝利に貢献。角度のないところからファーに流し込む圧巻のシュートを鮮やかに決めてみせた。

【動画】うめぇ!スアレスがファーに流し込んだ絶品シュート

スアレスはアトレティコ加入後のリーグ15試合で12ゴールを記録。Optaによると、クリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリーに加入した2010年に記録した13ゴール以来となる好発進だそう。

『Marca』によれば、アシストをしたジョアン・フェリックスも「ああいうFWがいてくれるのはパーフェクト。ルイス・スアレスがこういう風に得点を決めて続けて、チームを助けてくれるのを願っている」と喜んでいたという。