冬の移籍市場の締め切り日となった欧州リーグでは多くの動きがあった。

『Evening Standard』によれば、ワトフォードはミチェル・ベルカンプと契約を結んだという。

22歳のミチェルは元オランダ代表FWデニス・ベルカンプの息子。昨夏にアルメレ・シティを退団して以降、無所属となっていた。

今季序盤にはアーセナルでもトライアルを受けていたが、ワトフォードのU-23チームと6ヵ月+延長オプションの契約を結んだ。

そのミチェルは「(常に父と比較されることは)幼いころは大変だったけれど、今は適応している。単なる自分の名前だし、僕は僕、自らのレガシーを残すことができればいいね。父は僕の一番のファンだし、常に支えてくれる。U-23で自分を証明したい。そして、トップチームでもチャンスを得たいね」と述べている。

【写真】「すでに将来が約束されているレジェンドの息子6人」

現在2部のワトフォードはマウリシオ・ポチェッティーノ監督の息子であるマウリツィオを獲得したばかり。また、チームには元イングランド代表MFデニス・ワイズの息子ヘンリーも所属しており、2世選手のトリオ結成も話題になっている。