バルセロナとの契約が今季限りで満了になるリオネル・メッシ。

移籍先の有力候補とされるPSGは、アンヘル・ディマリアらを通じる形でメッシにラブコールを送っている。

バルサのロナルト・クーマン監督はそのやり口に不快感を露わにしているが、これにリヨンのルディ・ガルシア監督が噛み付いた。『RMC Sport』によれば、こう述べたという。

ルディ・ガルシア(リヨン監督)

「CLでの対戦を前にPSGがメッシに触れたことをクーマンが攻撃したという記事を読んだ。

彼には遠慮がない。移籍市場がクローズになった後も彼はメンフィス・デパイのことを話している。

『水をかけられたスプリンクラー』だ」

リヨンのエースであるオランダ代表FWデパイも今季限りで契約が満了になる。

【動画】これは川島永嗣が可哀想…デパイが突き刺した魔フリーキック

クーマン監督は彼をバルサに連れてこようとしており、公の場でデパイについて触れてきた。ガルシア監督はその点を揶揄していたようだ。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら