2月から再開されたUEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの戦いだが、今年も新型コロナウイルスによる影響が及んでいる。

『Sky Sports』によれば、プレミアリーグの選手やスタッフたちは海外遠征した場合には10日間の自己隔離を余儀なくされることを通達されたという。

これまではCLやELで英国外への遠征から戻ってきた選手たちへの特別な制限はなかった。だが、英国政府が定めた新たなガイドラインが全てのプレミアリーグのクラブにも適用されることになったという。

その場合でも選手たちは練習をしたり、試合でプレーすることは認められる。ただし、一般の人達と同じ方法で自己隔離をする必要があり、プロスポーツをする時に限り外出が許される。

【動画】南野、プレミアで爆発!チェルシー戦での魔法ゴールシーン

また、検査で陰性だった場合は隔離期間が5日間に短縮されうるとのこと。