セリエA10連覇に向けてもはや取りこぼしは許されないユヴェントス。セリエA第25節でスペツィアを3-0で撃破した。

終了直前に留めの3点目を決めたクリスティアーノ・ロナウドは今季リーグ戦での得点数が20に到達。

カウンターからロドリゴ・ベンタンクールのパスを受けたロナウドは、見事なタッチからの左足シュートで冷静にゴールを奪ってみせた。

海外のファンたちは「利き足じゃないのに、ばかな!」、「ナイスなファーストタッチと素晴らしいフィニッシュ」などと反応していたぞ。

【写真】「タトゥーを入れていないサッカー界最強のスター10人」

Optaによれば、ロナウドは欧州5大リーグで12シーズンに渡って20ゴール以上を決めた史上初の選手になったとのこと。ロナウドにとってこの日はプロでのリーグ戦通算600試合目でもあった。