2019年の5月にワンダ・メトロポリターノで行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝。トッテナムとリヴァプールが欧州王者の座を争った試合だ、

そこで話題になったのは、試合中に突然客席から乱入してきたハイレグ女性。

それはキンジー・ウォランスキというインスタグラマーで、水着には当時の彼氏であったヴィタリー・ズドロフェトスキーが運営するポルノサイト「VitalyUncensored」を宣伝する広告が書かれていた。

この行為によって彼女は1万9200ポンド(およそ300万円)の罰金を払ったものの、広告価値はおよそ380万ポンド(およそ5.7億円)にのぼったという。

またキンジーはこれによってインスタグラムの知名度が急上昇し、現在では370万人ものフォロワーを抱える人気者に。昨年1月にもFISワールドカップの会場に水着で乱入し、コービー・ブライアント氏を追悼するメッセージを掲げていた。

有名になった彼女は自身のスポーツウェアブランド『Kinsey Fit』を立ち上げるなどビジネス面にも進出しており、精力的な活動を行っている。

そんな彼女が今回投稿したのは、友人のケイシー・ブーンストラとの映像。ビキニに身を包んだキンジーは、なんとスタンガンを自分の尻に…!

これは痛い…。