今日は4月4日ということで、背番号44を好む選手をざっとまとめてみる。

イヴァン・ペリシッチ(インテル)

イヴァン・ペリシッチ(インテル)

4番はラッキーナンバーと語るペリシッチはクルブ・ブルッヘ時代から44番に愛着を持っている。

ドルトムントではブンデスリーグの規定により44番をつけることができなかったため、リーグでは14番なのに、CLで44番をつけたことも。なお、現在の背番号は14。