UEFAチャンピオンズリーグ準決勝で激突したレアル・マドリーとチェルシー。

両チームで変わった背番号をつけた選手たちを取り上げてみる。

チェルシー7番:エンゴロ・カンテ

チェルシー7番:エンゴロ・カンテ

世界のサッカーファンから愛される最強ボランチ。レスターでは14番、フランス代表では13番だが、チェルシーではまさかの7番に。

ただ、ブルーズの7番はスコット・パーカー、マニシェ、ラミレス、ディディエ・デシャンら守備的MFも着けたことがある。また、オランダ代表DFだったウィンストン・ボハルデも着用者のひとり。