2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝、トッテナム・ホットスパー対リヴァプールの試合で話題になった女性がいた。

それはアメリカ人インフルエンサーのキンジー・ウォランスキ。ハイレグ水着に身を包んだ彼女が試合中にスタンドから飛び降り、ピッチの中を駆け回った。

その水着には当時付き合っていたボーイフレンドが運営していたアダルト系WEBサイトのロゴが書かれており、この乱入で凄まじい広告効果をあげたという。

そして、その試合が行われたのが2019年の6月1日。「乱入2周年」を迎えたウォランスキは、思い出の写真をInstagramに掲載した。

隣にはぼんやりとその模様を見つめるハリー・ウィンクスがいるぞ。

なお、キンジー・ウォランスキはこの乱入によって逮捕され、5時間刑務所で過ごすことになったほか、罰金命令も科されている。しかしそれ以上に広告効果やフォロワー増加の恩恵があったという。

現在彼女はアスリート系アパレルブランド「Kinsey Fit」やサプリメントなども展開する実業家としても活躍している。