バルセロナに所属するアントワーヌ・グリーズマンとウスマヌ・デンベレ。

2019年に行われた日本へのプレシーズン中に撮影されたとみられる映像が問題になっていた。

滞在するホテルの日本人スタッフに向かって、デンベレが容姿や言語を侮辱する発言をしていたのだ(グリーズマンの発言内容は不明)。そうしたなか、2人はSNS上で謝罪のメッセージを出した。

ウスマヌ・デンベレ

「最近、2019年に撮影されたプライベートなビデオがネット上に出回った。

たまたま日本で起きたことだ。地球上のどこで起きてもおかしくなかった、自分は同じ表現を使っていただろう。

自分はこのような表現を友人たちとプライベートで使うことがある。その友人がどこの国の人間かは関係なく。

あのビデオは公にされた。映像に写っている人達を不快にさせたかもしれないと理解している。だから、彼らに心からお詫びしたい」

アントワーヌ・グリーズマン

「僕は常にあらゆる差別に反対してきた。

数日前から僕を別人であるかのようにしようと企む人達がいる。

自分に対する非難には強く異議を唱える。

もし日本の友人たちを怒らせてしまったのなら申し訳ない」

海外のファンたちは「デンベレは『日本人に限らず、俺は全ての人間に軽い差別用語を使っている』と言ってんのか」などと反応しており、謝罪になっていないとの声も。

【動画】グリーズマンとデンベレ、問題の日本人差別映像

また、「グリーズマンに日本人の友達がいてよかった、彼は人種差別主義者じゃない」、「『日本人の友達がいるから人種差別主義者じゃない』というのはどの差別主義者も言うこと」という反応もあった。

そのグリーズマンは別の場面でアジア人を嘲笑する差別的表現である「Ching Chong」を口にしていたと物議を醸している。

これも2019年の日本へのプレシーズツアー中にあったもので、疑惑のシーンはバルサ公式動画にとらえられている。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら