鈴木優磨をシント=トロイデンから復帰させた鹿島アントラーズ。バルセロナBに所属する安部裕葵にも復帰説が出ている。 

そうしたなか、DAZNで配信されている内田篤人の『FOOTBALL TIME』でも彼らの話題をピックアップ。ゲスト出演した元日本代表MF松井大輔はこんな話をしていた。

松井大輔

「(安部は)海外行かないほうがよかったね。

俺はバルセロナBとか行ってもしょうがないと思ってたから。いや、意味ねぇよ。

普通のチームに行ったほうがいいんだよね。そういうでっかいチームのBとか、マンCと契約しましたとか…いやまぁ、見栄えはいいけど、その後がないから。

レンタル、レンタルになって、どっちにしろ、レンタルの選手になっちゃう。

色んなチームのスターになって、そのチームのヒーローにならないといけない。

そこで確立したものをもって、違うチームに行く。自分のチームが育てた人間だっていうのを証明しないと。

シャルケってなったら、うっちー(内田)なわけじゃん。レンタルでもなんでもない。マンCからのレンタルで来てたら、うっちーとはなんないかもしれない。

ずっとシャルケにいて、シャルケで活躍してる選手、うちのチームのうっちーだっていうから皆応援するわけでしょ。

やっぱレンタルの選手はちょっとね…ってなるよ」

ビッグクラブに移籍しても、レンタル要員になるのでは意味がないと考えているようだ。

【動画】移籍失敗!?安部裕葵、バルサBでのスペシャルゴール

昨年5月以降、公式戦出場から遠ざかっている安部。バルサBとの契約は2023年まであるとされている。