今季もなかなか苦しいシーズンになっているマンチェスター・ユナイテッド。オレ・グンナー・スールシャール前監督を解任し、ラルフ・ラングニック暫定監督を招聘したが、今のところ劇的な効果は出ていない。

ただ、この夏にはラングニック氏がコンサルタントに移って新しい監督が招聘されることが決まっていることから、そこでの大型補強が注目されている。

ユナイテッドOBのリオ・ファーディナンドはYoutube『Rio Ferdinand Presents FIVE』に以下のように話していたという。

リオ・ファーディナンド

「キャラクターは我々が必要とする主な要素の一つだと思う。選手たちにはある程度のクオリティと技量が必要になる。

改善するためには、チームの中に適切な個性を配置する必要があると思う。クラブの文化を正しく理解し、それを推進する選手たちをね。

したがって、今夏の人事は取り組むべき大きな要素になると思う。

ジョン・マッギンは美しい補強ではないと言う人もいるかもしれないが、彼は非常に優れた選手だ。あらゆる部分で優秀なプロで、言いたいことを恐れずに言える。物事を最大限に活用するためにね。

もちろんそれだけではなく、ピッチでも十分に優れている。サッカーでは能力だけではなく、選手の個性が多くを表すものだ。

デクラン・ライスについては十分に今までも話してきた。私は彼が大好きだ。自分がクラブの中の人なら、彼の周りにチームを作りたいと思うだろうね」

【写真】ユナイテッドを優勝候補に変えられる5名の「契約残り半年」の選手

リオ・ファーディナンドから見れば、マンチェスター・ユナイテッドにはセントラルMFにキャラクターが強い選手を加えたいようだ。