ブルガリアの3部リーグで起こった場面が大きな話題になっている。

試合はPFCバルカン・ボテフグラード対バラシツァ・ペトリッチ。上位を争う直接対決であったという。

スコアはホームのバルカン・ボテフグラードが2-1とリード。迎えた後半アディショナルタイム、ボテフグラードのヨルダン・アポストロフが珍しい行動に出た。

足を痛めて倒れた彼は、ピッチに入ってきた担架に乗って運ばれていく途中、なんとわざとそこから落ちてゴロゴロ…。

【動画】驚きの時間稼ぎを思いついたヨルダン・アポストロフ

世にも奇妙な時間稼ぎに会場からは笑いと呆れの声が上がり、バラシツァ・ペトリッチのベンチがエキサイト。

結局試合はこれをきっかけにもみ合いとなり、大混乱のままで終了の時を迎えることになったそうだ。

なお、勝点は取れなかったもののベラシツァ・ペトリッチは3部の首位をキープ。バルカン・ボテフグラードは4位となっている。