日本代表は6日、国立競技場でブラジル代表と対戦する。

今回の招集メンバーには酒井宏樹がケガで含まれておらず、ブラジル戦は普段左サイドバックを務めるDF長友佑都の右サイドバックでの起用が予想される。

【写真】日本代表、長友佑都を脅かす「CBからの刺客」5名

35歳の長友については、衰えを指摘する声が根強くある。それも踏まえ長友は5日の囲み取材で「ブラジル戦は生きるか死ぬかの戦いになる」と語った。

長友佑都(日本代表DF)

「長友佑都というのは強い選手とやってこそ本領発揮してきたなというのは、自分の中では自信を持っています。

今回(対面が予想されるヴィニシウス・ジュニオール)はバロンドールを取ってもおかしくないような、今ノリに乗ってる選手。その選手を相手に自分がどのくらいできるのか、今の自分の位置というのを試せるなと。

(もし)全く出来ないようなら、ワールドカップもスペインやドイツのような強豪と当たるので厳しくなるという危機感もあります。

本当に生きるか死ぬかの戦いだなと。そういうレギュラー争いというかワールドカップのメンバー入りの争いも含めて、生きるか死ぬかだと僕は感じてます」