ブンデスリーガ11連覇を決めたバイエルン・ミュンヘン。だが、シーズン中に監督交代に踏み切るなど混迷し、ハサン・サリハミジッチSDとオリヴァー・カーンCEOも解任された。

『Bild』によれば、カナダ代表アルフォンソ・デイヴィスはバイエルンとの契約延長を躊躇し出しているという。

2025年までとなっている契約を延長するべく、彼の代理人とバイエルンの旧首脳陣は準備を進めていた。すでに合意状態にあり、あとは最終的な数字について話し合うだけだったが、上記の解任劇で白紙状態になってしまったようだ。

代理人は2週間以上もミュンヘンに滞在していたが、合意に至らないまま水曜に帰国の途に就くそう。

アルフォンソ・デイヴィス代理人

「今のバイエルンはカオスな時期にある。

何が起きているか、誰と付き合うことになるのか分からない。

クラブの方向性があまりに不安定で不確実だ。

新契約に動く前に2024年まではクラブとの展開を見定めるほうがいいかもしれない」

クラブが混乱状態にあり、今後について不安を抱いてるようだ。

【画像記事】最強バイエルン、『暗黒時代のベストイレブン』がこれ

デイヴィスにはレアル・マドリー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドなどが関心を示している。

久保建英が電光石火のゴール!三笘薫も2ゴール!海外日本人選手の「最新ゴール動画」まとめ