今季からリヴァプールでプレーする日本代表MF遠藤航。

加入初日には、チームのエースであるエジプト代表FWモハメド・サラーがわざわざ挨拶に来てくれたシーンがあった(動画3分35秒から)。

リヴァプール女子チームでプレーする長野風花は、本紙のインタビューで、サラーの高いプロ意識を目の当たりにしたと話していたが、彼はやさしさも兼ね備えているようだ。

クラブ公式によれば、遠藤はこんな話をしていたそう。

「Mo(サラーの愛称)をチームメイトにできるのはとても嬉しい。

彼はとても特別な選手だし、すごく優しい人でもある。

相当練習するし、得点を決めるためにあらゆることをやる。いいプレーをしていないように見えても、次のチャンスで得点を奪う。

彼は自信がみなぎっているし、(常に?)同じメンタリティで練習をしている」

人間的なやさしさを持っているとのこと。

【関連記事】南野拓実、リヴァプールでのゴール数で上回った有名FW11人

南野拓実がリヴァプールに加入した際にも声をかけることがあったサラーだが、そのやさしさは本物のようだ。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら