『FourFourTwo』は11日、「マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、今後の補強について語った」と報じた。

今夏のマーケットではヴィクトル・リンデレフ、ロメル・ルカク、そしてネマニャ・マティッチとピンポイントで大型補強をしてきたユナイテッド。

しかし、モウリーニョ監督が求めていた補強は「4名」であると明かされており、あと一人が誰になるのか注目されている。

今後の動きについてモウリーニョ監督は以下のように話し、おそらくサイドの選手になると明かした。

ジョゼ・モウリーニョ

(今後の補強は?)

「1月からの私の分析では、4名の選手を考えていた。私はともに働くことが難しい人物ではない。時々そうでないように見えるかもしれないがね。

マーケットの現実や数字を理解している。当初の要求の75%を実行してくれた。とても良くやってくれたよ。悲しんだり、喚いたり、講義したりするような立場にはない。

私はクラブの努力に満足しているよ。開幕までに75%も遂行してくれたことにね。もし残りの25%が来なくても、何もわめきはしないさ。今ある全てを持って戦い、すべての試合で勝利を目指さなければならない。

25%と言うのは4人目の選手のことだ。我々は様々なポジションをこなせるセンターバックを獲得した。これは重要だ。リンデレフはサイドバックもボランチもできる。

センターハーフも取った。ストライカーも取った。25%は他のポジションになるね。サイドでプレーする者だ。

しかし、我々にはすでに選手がいるし、そのエリアを強化できなくても、信頼できる者がいるのだ」