『BeIN Sports』は、「ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤングは、中国からの強烈なオファーを拒否している」と報じた。

今冬のマーケットで最も大きな存在感を発揮している中国。これまでブラジル代表MFオスカル、元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル、ポルトガル代表DFリカルド・カルヴァーリョなどが移籍しており、支払われる報酬も半端ではない。

そして先日「世界最高額が動くのではないか」と言われていたのが、ボルシア・ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤングだ。

中国のクラブが彼の獲得に向けてかなり大きな資金を用意していると伝えられており、本気で取引を行いたい意向を示しているとのことだった。

そして今回、かつて彼を指導していたサンテティエンヌの監督クリストフ・ガルティエが以下のように話し、オーバメヤングがとんでもないオファーを断っていることを明らかにした。

クリストフ・ガルティエ

「オーバメヤングは中国から年俸4100万ユーロ(およそ49.9億円)というオファーを受け取っていた。そして、移籍金は1億5000万ユーロ(およそ182.7億円)だった。彼はそれを拒絶している」

なお、オーバメヤングの夢のクラブは母方の祖父母がファンであったレアル・マドリーであると言われている。