Jリーグが新しい番組をスタートさせるようだ。

そのプロモーションにあたる紹介映像が公開されている。

恵比寿にあるお好み焼き屋に、「平ちゃん」の愛称で知られる平畠啓史氏を招いたJリーグの村井満チェアマン。

もともと両者は交流があり、今年4月に阿佐ヶ谷で行われたサッカーフリーク向けトークイベント「燃えろ!J2党」に参加していたという。

そこで村井チェアマンは「平畠さんと番組をやりたい」という考えに至り、Jリーグが展開する番組として今回平畠氏に緊急オファーしたというわけだ。

村井チェアマンが考えていたコンセプトは「Jリーグの魅力をしゃぶり尽くす」というもので、サポーターや選手の人生、監督やクラブのドラマといった試合以外の“隙間”としての魅力を伝えたいという思いがあったそう。

そこで、Jリーグの情報番組で長くMCを務めた平畠氏に白羽の矢が立ったようだ。

番組のタイトルは、「ひらちゃんねる」に決定!

収録はJリーグのオフィス内に用意された簡易スタジオを中心に行われるそうで、村井チェアマンは平畠氏に番組のプロデュース面もお願いしたいと語っている。

今回は「#0」ということで短めであったが、いよいよ番組は本格始動!初回は『グルージャ盛岡編』であると、すでに発表されている。

「試合を見るだけでなく、隙間をしゃぶりたい」。村井チェアマンが夢見た自社プログラムがスタートする。